相続人と相続分について

 相続人とその相続分は民法で定められています。民法で定められている相続人に関する事項は次の通りです。

1.相続人には、配偶者相続人と血族相続人の2種類があり、配偶者相続人は常に相続人となります。

2.血族相続人は、次の順に相続人となります。
 イ)子(既に死亡している子がある場合は、その子が代襲する)
 ロ)直系尊属、
 ハ)兄弟姉妹(代襲あり) 

ただし、相続開始以前に死亡している者、欠格事由に該当している者、廃除された者及び相続の放棄をしている者は相続人となることができませんので、注意が必要です。