相続人の確定

人が死亡すると、その一定の親族が相続人となります。
その相続人を確定するためには戸籍を市町村役場で取得する必要があります。

戸籍は被相続人の出生から死亡まで途切れなく繋がったすべての戸籍(改製原戸籍・除籍)および相続人全員の現在の戸籍が必要になります。

なお、法定相続人の人数や、構成により必要な戸籍の数は変わります。時によっては100通を超える戸籍が必要になるケースもあります。
戸籍取得の手続は、かなり大変な作業になります。

人それぞれにより必要な戸籍の範囲が変わりますので、専門家に依頼することをおすすめします。