経営事項審査 とは

官公庁の建設工事入札に参加するためには、経営事項審査(以下経審)を受ける事を義務づけられています。

これは、官公庁が工事を発注する業者を客観的に分別するため企業に点数を付ける制度です。

各官公庁は経審の評点を基に、一定の独自評価を加味して建設業者をランク分けしています。

このように経審の評点は直接受注金額に影響しますので建設業者にとって大変重要になっています。

私共、行政書士法人アッパーリンクでは、経営事項審査申請を経営者様の代わりに作成・提出をしておりますのでお気軽にご用命ください。