一般貨物自動車運送事業許可に必要な条件

1、会社の目的に、貨物自動車運送事業・貨物運送取扱事業等が入っていること


2、決算報告書に必要な自己資金額が計上されていること


3、最低保有車両台数は、5台以上が必要です。
  所有の場合は車検証の写し(コピー)が、購入の場合は売買予約書が必要です。
  所有権が他者についている場合は、残債証明書又は完済証明書が必要です。



4、営業所・休憩睡眠室・車庫が必要です。
  図面等がありましたら用意して下さい。
  所有している場合は土地建物の登記簿謄本を、
  賃貸の場合には賃貸借契約書の写しが必要です。



5、休憩睡眠室は、概ね一人当たり2.5㎡以上が必要です。


6、車庫は、営業所に併設できない場合には5キロ以内のところを確保してください。


7、車庫前の道路については、使用する車の幅で、十分離合できることが必要です。
  (約5.5メートル以上あれば大丈夫です。)



8、常勤の運行管理者・整備管理者が必要です。
  資格がわかるものを用意してください。



9、運輸開始時に、社会保険(健康保険・雇用保険・厚生年金・労災保険)に加入した証明書類を提出するので必ず加入してください。


10、申請後、筆記試験がありますので役員の方が必ず受けてください。