遺言のメリットについて

 遺言書を残しておくことは、ちゃんとしたメリットがあります。もちろん一番は残された家族のためであったり、お世話になった人へ向けて遺言を残される方がいらっしゃったりと、メリットとしては様々なことがありますが、ここでいくつかのメリットを挙げると、

1.相続手続きがスムーズに行える。
 
 遺言書が残されていたら、遺産の内容がおおよそ把握できます。また、財産の名義変更も遺言書を使ってスムーズに進めることができます。


2.相続争いを未然に防ぐ事ができる。

 遺言書がない場合、相続人が遺産分割協議を行い、協議が整えば遺産分けが行われます。相続人の中で一人でも不同意な者がいれば、遺産分割ができません。

このような遺産相続争いを防ぐため、遺言書の作成は非常に有効です。後のトラブルを防ぐためにも、遺産の大小に関係なく相続人にどのように遺産分けをして欲しいかを遺言書に書いておけば、相続人間の遺産相続争いを防ぐことができます。


3.自分の思うように、自分の財産を処分できます。

遺言書を作成していれば、次のような内容で財産を相続させることもできます。

・「妻に全ての財産を相続させたい」

・「事業を引き継ぐ長男に多めに相続させたい」

・「世話になった息子の嫁に財産を譲りたい」

※ただし、相続人の遺留分(一定の相続人に必ず残しておかなければならない法律上の一定の割合)について考慮が必要です。

こういったことがメリットになります。遺言を遺しておくことで、家族の色々な手続きの手間や、自分が死んだ後のことを心配しないでも良くなりますので、遺言を遺しておこうと思われた方は是非行政書士法人アッパーリンクへ御依頼ください!