遺言の執行について

遺言の執行とは、遺言の内容を実現することです。しかし、遺言の内容については、次の3つに分類でき、執行行為が必要にならないものもあります。


例えば、、、

1.遺言者が死亡し、遺言の効力が発生するのと同時に当然に実現されるもの
相続分の指定、遺産分割の禁止、未成年者の後見人の指定など

2.相続人のいずれでも執行できるもの
  遺贈、一般財団法人設立のための寄付行為など
 
3.遺言執行者だけが執行できるもの
   推定相続人の廃除、廃除の取り消し、認知など


上記のように遺言の内容には遺言執行者が行わなければならないものがあります。また、遺産の引き渡しや所有権の移転登録手続きなど何らかの手続きが必要なものもあるため、遺言執行者を立てることをお勧めします。

※行政書士法人アッパーリンクでは、遺言執行者の受託をしております。お気軽にご相談下さい。