電子定款

電子定款とは

定款は、2004年3月までは、紙で作成し、公証人役場で認証してもらうという方法でした。

「電子定款」と言うと、インターネット上で認証ができるようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、認証を受けるには、従来どおり公証人役場に出向くことが必要です。

電子媒体は文書の扱いではなくなるため、印紙税法で非課税となり、印紙代の負担がなくなるというわけです。

具体的には、作成した定款をPDF化し、作成者が電子証明書で電子署名をし、それを法務省オンライン申請システムにアップロードし公証人役場に赴くということになります。

「電子定款」を作成する場合、電子証明書の発行や特別なソフトの購入などで約4万円強の費用がかかります。
これらのソフトを会社設立後も繰り返し使用するのであればいいのですが、そうでないなら、出費が無駄になってしまいます。

しかし、この作業を、電子定款作成の環境を整えた行政書士に依頼することで、ソフトの購入費もかからず、印紙代4万円も節約できます。

私共、行政書士法人アッパーリンクでは、この「電子定款」を利用した法人設立が可能ですので、ぜひご利用ください。

定款の認証には紙ベースの定款による認証を受ける場合と電子定款に認証を受ける場合の2通りあります。

紙ベースの定款による認証を受ける場合、定款を3通作成し公証役場に持参しますが、その内の1通に印紙4万円を貼付しなければなりません。

しかし、電子定款の場合は印紙4万円が不要になり、印紙代を節約できます。

 

電子定款認証の手続きの流れ

ステップ1 定款内容の作成・公証人へ事前確認
認証していただく定款を作成します。
作成した定款をFAX又はメールで公証人に送り、事前確認して頂きます。
   ↓
ステップ2 電子定款作成     
公証人に事前確認していただいた定款に電子署名し電子定款を作成します。
まだ公証人の認証を得ていないため、株式会社においては有効な定款とは
なりません。
  ↓
ステップ3 定款送信     
電子署名した定款を申請します。
  ↓
ステップ4 公証人役場での認証   
認証日に公証人役場に行き、認証済みの電子定款(CD-R)及び謄本を受取ります。


≪料金体系≫

コース名報酬額
1標準コース(ステップ1、2、3、4全てのご依頼の場合)
・登記に必要な定款を作成します。認証済みの電子定款(CD-R)
及び謄本をお渡します。
金40,000円
2安心コース(ステップ1、2、3のご依頼の場合)
・定款内容や定款の作成方法がわからない方にお薦めのコースです。
・公証役場での認証のみ、お客様に行って頂きます。
金28,000円
3節約コース(ステップ2、3のご依頼の場合)
・印紙代(4万円)を節約したい方にお薦めのコースです。
・公証人の事前確認や公証役場での認証は、お客様に行って頂きます。
金16,000円
4電子署名コース(ステップ2のみご依頼の場合)
・事前確認して頂いた定款(word形式)に電子署名します。
・合同会社の会社保管用定款作成に適しています。
金5,000円

※報酬額は、税別価格です。
※電子証明コースをご依頼いただいた場合、当事務所はお客様が作成した定款に電子署名をするだけです。従いまして、定款内容の不備、誤字脱字、設立書類との不整合等、又、それにより発生した損害について当事務所は一切の責任を負いません。