運送業許可
unsoutop001

運行管理者の仕事とは

 運転者の指導監督や乗務割の作成の他に、休憩・睡眠室の管理、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運航の指示などの運行の安全を確保するための業務を行います。また、運行管理者は、複数の営業所の運行管理者を兼務することができません。

運行管理者の人数

 営業所の車両の数に応じて、最低限必要な運行管理者の数が決まっています。トラックの台数が29台までの場合は、1人以上、以後30台増えるごとに1人以上追加するように定められています。
 具体的には、30両~59両で2人、60両~89両までで3人となります。

運行管理試験

 運行管理者試験は、年二回(3月と8月)にあります。運行管理試験を受験するためには以下のいずれかに該当していなければなりません。

・事業用自動車の運行管理補助者の実務経験が1年以上あるもの
・自動車事故対策機構(NASVA)等が行う運行管理者基礎講習を修了しているもの
(当事務所の1階にありますがいつも人が多いです。早めの予約をお勧めします。)

合格基準

全30問、試験時間90分です。
30問のうち18問以上で合格です。
出題分野ごとに正解が1問以上であること。実務上の知識及び能力の分野は2問以上

出題分野

1.貨物自動車運送事業法(8)
2.道路運送車両法(4)
3.道路交通法(5)
4.労働基準法(6)
5.その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力(7)

運行管理者の兼任

 運行管理者は、整備管理者と兼任することができます。
運転者とも兼任することができますが、営業所に常駐して運行管理や点呼などをしなければならないので、兼任しない方がいいと思います。

information