水銀使用製品産業廃棄物等の取扱いについて

廃棄物処理法施行令等の改正により,平成29年10月1日から「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」を取り扱う場合は産業廃棄物処理業許可証に記載することが必要になりました。

水銀使用製品産業廃棄物の代表格は廃蛍光管です。一部の電池、電気制御用のスイッチ及びリレー、水銀体温計、水銀式血圧計なども水銀使用製品産業廃棄物に該当します。

法改正以前から、水銀使用製品産業廃棄物を取り扱っていた業者は法改正後も、これまで通り取り扱うことができます。

ただ、委託事業者の義務として、許可業者に委託することも定められています。そうすると、結局のところ、委託していいかどうかは許可証の記載で確認せざるを得ません。

このようなことから、現在、許可証の書換えが推奨されています。

こちらでも説明していますのでご覧になってください

水銀使用製品産業廃棄物等の取扱いによる許可証の書換えについて