画像の説明

出張封印

出張封印はアッパーリンクにおまかせ下さい

 ナンバーが変更になる場合、運輸支局に車を持ち込む必要があります。

 しかし、行政書士法人アッパーリンクは、丁種封印ができますので、車を運輸支局に持ち込む必要がありません。

 お客様の自宅会社の駐車場など指定された場所でナンバーを付け替えて封印します。これが出張封印です。

このため、無駄な労力や時間を割くことなく、お仕事に専念できます。

封印とは

封印とは、ナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のものです。
取り付け位置は車両後部のナンバープレートの左側と定められています。

画像の説明


自動車がナンバープレートを発行する運輸支局によって正式に登録され、所定の検査を受けた後、ナンバープレートを取得したという最終的な証しとなります。
軽自動車に封印はありません。運輸支局に対する登録手続きがないからです。

封印の目的はナンバープレートの取り外しを防止するとともに、車両の盗難犯罪を防ぐ重要な役割があります。

現在のところ、封印はアルミ製です。。広島なら「広」と運輸支局の刻印が入っています。
移転登録などの手続きに従ってナンバープレートを取り外すときは、運輸支局の敷地内に限り、所有者が自ら取り外すことができます。ただし取り付けはできず、執行官が車検証と車台番号、ナンバープレートを照合したうえで、封印をします。

封印をするためには、原則運輸支局に車を持ち込む必要があります。
面倒な話は省きますが、一定の資格を有する行政書士は丁種封印というものができ、申請者の自宅や会社など運輸支局外で封印を行えます。

当事務所は、丁種封印を行っています。

出張封印の流れ

1 登録に必要な書類の調整

2 出張封印の日時の打ち合わせ

3 新ナンバーを持参し、ご訪問

4 現在のナンバーを外し、車体番号の拓本をとり、新ナンバーを封印

出張封印の報酬額

 10,000~15,000円(消費税別)

出張封印の対応可能な地域

 広島市、中区、東区、西区、南区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区

上記の地域で対応可能なので、「番号変更したいけど、仕事が忙しくてなかなかできない・・・。」とお思いの方は是非お気軽にご連絡下さい。

丁種封印とは

 この度、自動車登録業務における行政書士専用封印権である丁種封印制度が創設されました。

 このことにより、29年4月から「封印取付委託要領」の一部改正により、各都道府県の行政書士会が丁種封印受託者になりました。

 広島県に於いても国土交通省の「封印取り付け委託要領の運用等」の一部改正により、この6月1日から広島県行政書士会が丁種封印受託者に認定されました。

 自動車販売協会(乙種)、中古車販売協会(丙種)からも「再委託(委任)」により 各県の行政書士会から指定された行政書士は封印取り付け及び出張封印が出来る様になりました。

 これまでに比べて出張封印が可能な領域が大きく拡大しています。

 行政書士法人アッパーリンクは広島県内における丁種封印再受託者ですので、お気軽にご用命ください。

お問合せ