家族信託とは

 家族信託とは、一言でいうと、信託の仕組みを利用した家族内の財産管理や承継のことをいいます。平成19年に施行された改正信託法により、それまで利用しにくかった信託が利用しやすくなったことにより注目されています。

 信託とは、読んで字のごとく「信じて託す」という制度で
1 自分(=委託者)の財産(現金・不動産・有価証券等)を
2 信頼できる人(=受託者)に託し
3 特定の人(=受益者)のために
4 予め定めた目的に従って、管理・処分してもらう財産管理・財産承継の手法をいいます。

 信託というと、信託銀行をまず思い浮かぶのではないでしょうか。信託銀行のように業務として信託行為をやってもらう場合を「商事信託」といい、それ以外を「民事信託」といいます。さらに「民事信託」の中でも、特の家族に託す信託を「家族信託」といいます。

家族信託が必要とされる理由

1 認知症など本人の判断能力低下への備え
 認知症となり判断能力が低下すると、自らの資産を管理できなくなります。この認知症対策としては、任意後見制度の利用が活用されるようになってきました。

 任意後見制度は、本人が現金うちに後見人を選定する制度ですから、判断能力のある時点で、判断能力がなくなったときの財産管理について決めておける制度といえます。

 しかし、後見の状態になると、財産は裁判所の監督下に置かれることになり、資産の運用は困難になります。このような不都合を解消するために家族信託が必要とされています。

2 通常の相続と異なる財産の承継
 自分が亡くなり、相続が発生すると、次の相続について自らがコントロールすることはできなくなります。
 しかし、家族信託によれば、通常の相続と異なる財産承継を実現させることが可能なので、家族信託が必要とされています。

家族信託の活用場面

1 自らが認知症になったときの対策の場面

自分が認知症になった場合でも、資産運用ができるようにしたい
空き家になっている自宅を、認知症になった場合でも、確実に売却できるようにしたい

2 通常の相続と異なる順序で財産を承継させる場面

自分の死亡後、認知症の妻が亡くなった後の承継先も指定したい
自分の死亡後、後妻が亡くなった後は、前妻の子に財産を残したい
自分の死亡後、内縁の妻が亡くなった後は、思ったとおりに財産を残したい

3 不動産対策の場面

不動産を平等に相続させたいが共有は回避したい
空き家を確実に売却したい

4 福祉の場面

親なき後に障害ある子供生活を保障したい