当事務所による巡回指導対策

当事務所では巡回指導対策をしております。
以下は、初回巡回指導対策における手続きの流れです。
巡回指導対策

1. 帳簿類の準備

(1)巡回指導のために準備する帳票類の一覧」の書類のご用意をお願い致します。

(2)ご用意できたものにチエックをしてFAXでお送り下さい。

(3)ご用意できていないものは、弊事務所による説明、手配等により準備して頂きます。

   

2. 帳簿類の確認

 「巡回指導のために準備する帳票類の一覧」が整いましたら、営業所に伺い、帳簿類を確認します。

3. 修正・追加準備

   
 営業所での確認で、修正を要するもの及び不足しているものが判明すれば、説明、手配等の上、あらためて準備して頂きます。

4. 最終確認

 修正・追加を要したものについて確認します。

5.巡回指導(平成28年10月~12月予定)

(1)別紙「適正化事業指導員の巡回指導について(通知)」が届きますので、弊事務所の担当者の立会いのもと、巡回指導を受けて頂きます。

(2)通知と一緒に、自主点検表及び社会保険等の加入状況調査票(別紙参照して下さい。)も届きます。
事前に記入しておき、巡回指導の際に提出します。

画像の説明

巡回指導におけるチェック項目

(1)事業計画等

1 主たる事務所及び営業所の名称、位置に変更はないか
2 営業所に配置する事業用自動車の種別及び数に変更はないか
3 自動車車庫の位置及び収容能力に変更はないか
4 乗務員の休憩・睡眠施設の位置、収容能力は適正か
5 乗務員の休憩・睡眠施設の保守、管理は適正か
6 届出事項に変更はないか(役員・社員、特定貨物に係る荷主の名称変更等)
7 自家用貨物自動車の違法な営業類似行為(白トラの利用等)はないか
8 名義貸し、事業の貸渡し等はないか



(2)帳票類の整備・報告等

9 事故記録が適正に記録され、保存されているか
10自動車事故報告書を提出しているか
11運転者台帳および労働者名簿が適正に記入等され、保存されているか
12車両台帳が整備され、適正に記入等がされているか
13乗営業報告書及び事業実績報告書を提出しているか(本社巡回に限る)

(3)運行管理等

14運行管理規程が定められているか
15運行管理者が選任され、届出されているか
16運行管理者に所定の研修を受けさせているか
17事業計画に従い、必要な員数の運転者を確保しているか
18(改善基準告示)過労防止を配慮した勤務時間、乗務時間を定め、
これを基に乗務割が作成され、休憩時間、睡眠のための時間が適正に管理されているか
19過積載による運送を行っていないか
20点呼の実施及びその記録、保存は適正か
21乗務等の記録(運転日報)の作成・保存は適正か
22運行記録計による記録及びその保存・活用は適正か
23運行指示書の作成、指示、携行、保存は適正か
24乗務員に対する輸送の安全確保に必要な指導監督を行っているか
25特定の運転者に対して特別な指導を行っているか
26特定の運転者に対して適性診断を受けさせているか

(4)車両管理等

27整備管理規程が定められており、これに基づき、適正に整備管理業務がなされているか
28整備管理者が選任され、届出されているか
29整備管理者に所定の研修を受けさせているか
30日常点検基準を作成し、これに基づき点検を適正に行っているか
31定期点検基準を作成し、これに基づき、適正に点検・整備を行い、
点検整備記録簿等が保存されているかここに内容を書く

(5)労働基準法等

32就業規則が制定され、届出されているか
3336協定が締結され、届出されているか
34労働時間、休日労働について違法性はないか(運転時間を除く)
35所要の健康診断を実施し、その記録・保存が適正にされているか

(6)法定福利費

36労災保険・雇用保険に加入しているか
37健康保険・厚生年金保険に加入しているかここに内容を書く

お問合せは

平日9時~18時までの営業時間内であれば、電話でお気軽にご相談下さい。

 
 電話番号 082-503-3697 

画像の説明

 また、フリーダイヤルでも、受け付けています。
 フリーダイヤルは、全国どこからでも携帯電話からでも無料でかけることができます。


   画像の説明


 業務の都合上、こちらから改めてお電話をさせて頂く場合がありますので、その点については予め御了承ください。


 営業時間外の場合は、FAXもしくは下記のフォームからご相談下さい。

 FAX番号 082-503-3699