広島の建設業許可はアッパーリンクにおまかせください

建設業許可申請必要書類一覧

法人の場合

 
以下に掲げる必要書類は、建設業許可申請にあたり一般的なものです。これら書類が揃わない場合でも建設業許可を取得できることがありますので、その時はご相談下さい。

 必要な書類
 1  会社の登記簿謄本及び定款の写し
(目的に当該建設業が入っていることが必要)
 2  役員全員の身分証明書・登記されていないことの証明
 3  営業所の写真

外観・・・看板表札を含む営業所全体の写真

内部・・・机・電話を含む営業所内部写真 各1枚ずつ
 4 直前の決算報告書の写し

※自己資本額が500万円以下の場合には、500万円以上の銀行の残高証明書が必要です。
(申請する直前に取得して下さい)

※設立直後で、決算未到来の場合は、県税事務所に提出した会社設立届出書の写し
 5  経営業務の管理責任者

※経営経験を確認する資料として・・・・・・・①及び②又は③
 ①会社の履歴事項全部証明書及び閉鎖登記簿謄本(必要期間分)
 ②確定申告書の写し(事業種目欄に取得する建設業の記載があるもの)
  
②又は③が
※必要年数5年の場合には、直近の1・3・5年分が必要
  必要年数6年の場合には、直近の1・3・5・6年分が必要

※常勤性を確認する資料として・・・住民票および社会保険証の写し
 6  専任技術者

※常勤性を確認する資料として・・・住民票および社会保険証の写し

※資格を有する場合・・・合格証書

※実務経験を有する場合・・・契約書又は注文書の写し
                 (直近1・3・5年分が必要)
 7  営業所の所有権又は使用権の確認資料として


1 本人所有の場合・・建物登記簿謄本又は固定資産台帳登録事項証明書
  ただし、住民票の住所と同一の場合は必要ありません

2 賃貸借の場合・・・・・賃貸借契約書の写し
    ただし、期間満了し自動更新契約となっている場合は
   直近2ヶ月分の家賃の領収書も必要です

3 公営住宅を営業所とする場合・・・目的外使用許可証の写し
 8  健康保険等の加入状況について下記の書類すべて


1 健康保険及び厚生年金保険料の納入に係る領収書


2 ①労働保険概算・確定保険料申告書の写し
  ②上記保険料の納入に係る領収済通知書の写し

個人の場合

 以下に掲げる必要書類は、建設業許可申請にあたり一般的なものです。これら書類が揃わない場合でも建設業許可を取得できることがありますので、その時はご相談下さい。

 必要な書類
 申請者のの身分証明書・登記されていないことの証明
 営業所の写真

外観・・・看板表札を含む営業所全体の写真

内部・・・机・電話を含む営業所内部写真 各1枚ずつ
直前の決算報告書の写し

※自己資本額が500万円以下の場合には、500万円以上の銀行の残高証明書が必要です。
(申請する直前に取得して下さい)

※設立直後で、決算未到来の場合は、県税事務所に提出した会社設立届出書の写し
 経営業務の管理責任者

※経営経験を確認する資料として・・・・・・・①及び②又は③
 ①会社の履歴事項全部証明書及び閉鎖登記簿謄本(必要期間分)
 ②確定申告書の写し(事業種目欄に取得する建設業の記載があるもの)
  
②又は③が
※必要年数5年の場合には、直近の1・3・5年分が必要
  必要年数6年の場合には、直近の1・3・5・6年分が必要

※常勤性を確認する資料として・・・住民票および社会保険証の写し
 専任技術者

※常勤性を確認する資料として・・・住民票および社会保険証の写し

※資格を有する場合・・・合格証書

※実務経験を有する場合・・・契約書又は注文書の写し
                 (直近1・3・5年分が必要)
 営業所の所有権又は使用権の確認資料として


1 本人所有の場合・・建物登記簿謄本又は固定資産台帳登録事項証明書
  ただし、住民票の住所と同一の場合は必要ありません

2 賃貸借の場合・・・・・賃貸借契約書の写し
    ただし、期間満了し自動更新契約となっている場合は
   直近2ヶ月分の家賃の領収書も必要です

3 公営住宅を営業所とする場合・・・目的外使用許可証の写し
 健康保険等の加入状況について下記の書類すべて


1 健康保険及び厚生年金保険料の納入に係る領収書


2 ①労働保険概算・確定保険料申告書の写し
  ②上記保険料の納入に係る領収済通知書の写し

お問合せは

お問合せ