画像の説明

水銀使用製品産業廃棄物等の取扱いによる許可証の書換えは、アッパーリンクにおまかせ下さい

 廃棄物処理法施行令等の改正により,平成29年10月1日から「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」を取り扱う場合は産業廃棄物処理業許可証に記載することが必要になりました。


 産業廃棄物収集運搬業者の方で,平成29年10月1日時点で既にこれらを取り扱っている場合は,速やかに許可証の書換え手続をする必要があります。

 追加される区分 説明 
水銀使用製品産業廃棄物   水銀が使用されている製品が産業廃棄物となったもの
 ※事務所などで多く使用される蛍光管(LEDの物を除く。)も含まれます。
 水銀含有ばいじん等  (1)ばいじん、燃え殻、汚泥又は鉱さいのうち、水銀(化合物中の水銀を含む。)を15mg/kgを超えて含有するもの。
(2)廃酸又は廃アルカリのうち、水銀(化合物中の水銀を含む。)を15mg/Lを超えて含有するもの。




水銀使用製品産業廃棄物・水銀含有ばいじん等に該当する産業廃棄物を処理する場合、平成29年10月1日から、これまでの基準に加え、次の新たな措置が必要になります

業の許可証

 産業廃棄物の種類に、水銀使用製品産業廃棄物 又は 水銀含有ばいじん等 が含まれること。
 [平成29年10月1日時点でこれらの廃棄物を取り扱っている場合は、変更許可は不要となっています。許可証の記載方法の取扱いは、許可を受けた自治体にお問合せ下さい]


この運用をみると、これまで水銀使用製品産業廃棄物や水銀含有ばいじん等を取り扱っている場合、許可証を書き換えなくても、これまで通り営業が出来そうです。
 しかし、処理を委託する際に事業者は、「収集運搬」または「処分」の許可を受けた処理業者に委託しなければならないとされています。
 これまでに水銀使用製品産業廃棄物や水銀含有ばいじん等を取り扱ってきたと処理業者が説明したとしても、現実にはそれを委託する側は知りえません。
 そうすると、委託事業者としては、結局書換えをすでに済ませている処理業者を選択するしかありません。
 このような事情から、現在許可証の書換えが推奨されているといえます。

 

処理の委託

 水銀使用製品産業廃棄物 又は 水銀含有ばいじん等の「収集運搬」又は「処分」の許可を受けた処理業者に委託すること。
 水銀回収が義務付けられている対象物の処理は、水銀回収が可能な処理業者に委託すること。(例、水銀体温計)

保管

 他の物と混合するおそれのないように仕切りを設ける等の措置を講じること。

収集・運搬

 破砕しないよう、他の物と混合するおそれのないように区分して収集・運搬すること。

基本的には廃蛍光灯運搬専用の箱で運搬する必要があります。そして、収集運搬の許可証の書換えにあたって、保管容器の写真の貼付を求める自治体もおおいようです。例えば、ドラム管に入れて運ぶとなると破砕のおそれがあるので認められないとなる場合もあります。詳しくは各自治体にご確認下さい。

処分・再生

 水銀又はその化合物が大気中に飛散しないよう必要な措置を講じること。
 安定型処分場への埋立を行わないこと。
 水銀回収が義務付けらている対象物は、基準に適合する方法により水銀を回収すること。

その他

 委託契約書、マニフェスト、保管場所の掲示板、帳簿においても、「水銀使用製品産業廃棄物」又は「水銀含有ばいじん等」に関して、明記が必要