特車ゴールドとは

 特車ゴールドとは、平成28年1月から開始された、ETC2.0装着車への特殊通行許可簡素要件制度のことをいいます。特車ゴールドを利用することにより、いくつかのメリットがあります。

特車ゴールドのメリット

1 大型誘導区間内であれば、申請経路以外の区間も、新たに許可を取得することなく通行できる。

 特殊車両通行許可においては、申請した際に決定した経路を通行しなければなりません。このため、事故や災害で通行止めになった場合、基本的に待つしかなく迂回することはできませんでした。しかし、特車ゴールドによれば、大型誘導区間内であれば自由に迂回することができるようになります。
 tokusyagold図1
 画像の説明
 赤の道路が大型誘導区間になります。
 大型指定道路についてはこちらでご覧になれます
 http://www.tokusya.ktr.mlit.go.jp/PR/shiteidouro/tokusya/q02-a/index.html

2 特殊車両通行許可の更新手続きが簡素になる。

 これまでも、新規申請や更新申請に比べると、更新申請は添付資料の省略ができたりするので申請がしやすい手続きでした。とはいえ、申請書や交付済みの許可証を提出する必要がありました。しかし、特車ゴールドによると、更新前に申請書が自動で作成されメールで送られて来るようになり、メールに従ってワンクリックするだけで更新申請ができるようになりました。

特車ゴールドを利用するには

1 対象車両であること

車両については、大型誘導区間の許可基準と同じです。

2 車両がETC2.0を装着していること

一般向けのETC2.0車載器は、特車ゴールド制度に対応していません。特車ゴールド制度を利用するには、業務支援用ETC2.O車載器が必要になります。

3 経路に大型誘導区間が含まれていること

出発地と目的地は大型誘導区間でなくてもよいのですが、走行ルート中どこかで大型誘導区間を通らないと特車ゴールドは利用できません。

4 オンライン申請によること

 特車ゴールドの受付はオンライ申請のみですので、オンライ申請をする必要があります。

特車ゴールドについてのお問合せ

 お問合せ