自筆証書遺言

作成方法本人が遺言の全文・日付・氏名等を手書き押印する。ワープロ・テープは不可
場所自由
証人不要
署名捺印本人
家庭裁判所の検認必要
長所・最も簡便で費用がかからない
・遺言をしたこともその中身も秘密にできる
短所・詐欺・脅迫の可能性、紛失・偽造・変造・隠匿の危険がある
・方式が不備で無効になったり、内容が不完全で争いになる可能性がある
・検認手続きが必要


公正証書遺言

作成方法本人が口述し、公証人が筆記する。必要な書類は、印鑑証明書、身分確認の
資料、相続人に戸籍謄本・登記簿謄本などである。
場所公証役場
証人証人2人以上
署名捺印本人、公証人、証人
家庭裁判所の検認不要
長所・内容が明確で安全確実
・遺言書原本を公証人が保管するので偽造・変造・隠匿の危険性がない
・検認手続きが不要
短所・公証人が関与するので作成手続きが煩雑である
・遺言の存在と内容を秘密にできない
・財産の額に応じた公証人の手数料がかかる
・証人2人以上の立会いが必要


秘密証書遺言

作成方法本人が遺言書に署名押印し、遺言書を封じ同じ印で封印する。公証人の前で
本人の遺言である旨と住所氏名を申述する。
公証人が日付と本人が申述した内容を書く。ワープロ、代筆可
場所公証役場
証人証人2人以上
署名捺印本人、公証人、証人
家庭裁判所の検認必要
長所・遺言をしたことを明確にし、内容の秘密が保てる
・遺言の存在は公証されているので偽造・変造の危険がない
短所・公証人が関与するので作成手続きが煩雑である
・遺言の内容は公証されていないので紛争になる可能性がある
・公証人の手数料がかかる
・証人2人以上の立会いが必要
検認手続きが必要

ご相談は

平日9時~18時までの営業時間内であれば、電話でお気軽にご相談下さい。

 
 電話番号 082-503-3697 

画像の説明

 また、フリーダイヤルでも、受け付けています。
 フリーダイヤルは、全国どこからでも携帯電話からでも無料でかけることができます。


   画像の説明


 業務の都合上、こちらから改めてお電話をさせて頂く場合がありますので、その点については予め御了承ください。


 営業時間外の場合は、FAXもしくは下記のフォームからご相談下さい。

 FAX番号 082-503-3699