はじめに

 行政書士法人アッパーリンクは、広島市で建設業の許可申請を業務としている事務所です。開業してまもなくから、30年間建設業の許可申請に携わってまいりました。その中で、お客様から様々なお問い合わせを頂きました。

例えば、

  • 建設業の許可を取りたいけど、要件は揃っているか?
  • お願いしたいけど、準備する書類がわからない。
  • 取引先から言われるので、急いで建設業の許可申請を取りたい。
  • 新たに取りたい業種がある。
  • 県や市の入札に参加したい。

他にも様々なご質問・ご相談がありました。このようなことでお困りの際は、行政書士法人アッパーリンクまでご連絡頂きましたら、迅速にわかりやすく丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談下さい。

 最近こんなお悩みをよく聞きます。500万円以下の工事を請け負う場合には、建設業の許可は必要ありませんが、500万円以下の仕事を請け負う場合でも取引先から、建設業の許可を持っていないと仕事を出さないということをよくお聞きします。取引先などが、初めて仕事をする場合にその業者の信用度をチェックするために言われているのかと思われます。建設業の許可は、ある一定の要件をクリアしないと取ることが出来ません。経験のある人や、技術者、資金面など様々な要件が揃わないと許可は取れないので、許可業者は信用できる業者になります。

建設業の許可の要件とは?

  1. 経営業務の管理責任者を有すること
    (5年ないし7年以上の建設業の経営経験がある人がいること。)
  2. 専任の技術者を有すること
    (申請業種の資格証を持たれている人がいること。もしくは10年の実務経験がある人がいること。)
  3. 誠実性を有すること
    (役員などが詐欺・脅迫などの法律違反していないこと、工事の内容、工期などに請負契約違反をしていないこと。)
  4. 財産的基礎または金銭的信用を有すること
    (自己資本額が500万円あるか、それとも銀行等の残高証明が500万円以上あること)
  5. 欠格要件に該当しないこと
    (成年被後見人、被保佐人等ではないこと。)

以上の5つの要件があります。よく1、2などの人に関することや、4などの資金面などのお悩みの業者様がいらっしゃいます。このようなお悩みのアドバイスやご相談もさせて頂きますので、何なりとご連絡下さい。

その他の関連許認可申請等

 建設業関連の他の申請代理もしております。

  • 会社を設立したい
  • 産業廃棄物収集運搬を取りたい
  • 運送業の許認可取りたい
  • 宅建業免許を取りたい
  • 建築士事務所登録をしたい

など様々な申請代行もしていますので、建設業の許可申請と同時でも、ゆくゆくは取りたいなどあると思いますので、建設業の許可申請以外でも深く携わっていますので、お気軽にご相談下さい。

a:2374 t:1 y:0