日弁連の第56回人権擁護大会に行って来ました。

日本弁護士連合会の第56回人権擁護大会に、広島県行政書士会を代表して原会長の名代として行ってきました。
日本全国から1500名の代表の方々が来られていました。
広島弁護士会の小野会長のお話によると、前回の広島で開催された時が、広島県内の会員数が132名で現在は500名になっているとのことです。
来賓の祝辞が続くなか、松井広島市長は本人が出席され、原稿にないことも話され拍手が沸きました。